です。


by sumihiron

空は、なんと、晴れだわ。


BGMは、機動新世紀ガンダムXでの名曲。「HUMAN TOUCH」。


しょいの実ってヤツを食べた。


洗い物を、ちょっとだけ、した。


録画していて、忘れてた映画「ダーティハリー」ドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッドを見るのであった。


多田瑞穂は、実際、別に。どうでも。


ブランドアイテムについて、調査。


沢尻エリカの下着姿が2010年のユーチューブ1位だってさ。へぇ。


楽しい。


[PR]
# by sumihiron | 2010-12-15 15:51
タイでの外国長期ステイで、ステイ地として評判のある都市は、やっぱり首都である感じのバンコクとなっています。

バンコクはどんな都市となっているかを事前に調べるようなことで、よりいっそう外国長期ステイでのライフを充実させる感じのことができるでしょう。

タイの首都であるバンコクに関しては、人口600万人で周辺圏を実際に含めると1000万人をかなり超える巨大都市となります。

タイでは、実際、クルンテープ(天使の都)と呼ばれており、タイでの政治、あるいは、経済や、文化に関しての中心となっているだけではなく、カンボジア、ラオス、あるいは、ミャンマーにも、実際、かなり大きな影響を与えています。

バンコクはアジア特有の感じの活気にかなり満ちており、人や車が街に溢れ、実際、都会のエネルギーを持っている感じの大都会で、街なかにはたくさんの寺院や高層ビル群が交錯し、その狭間に関しては古い町並みや伝統的なライフ様式を残すような町並みが同居する感じの都市です。

世界でも有数の渋滞がかなり問題となっている著名なバンコクですが、近年、地下鉄などのような公共交通機関が整備されるというようなことにより、実際、環境が一変しました。

また巨大ショッピングモールなどの感じの施設も次々と建設され、我が国の大都市と比べてもまったく遜色のない都市環境に、実際、変わりつつあります。

ですので都会的なライフを求める外国長期ステイヤーに関しては大きな醍醐味がある都市です。

バンコクは我が国との経済協力関係性が良好なことから、首都バンコクに関しては在住邦人がかなり多くおり、我が国の食材や我が国料理ショップ、書籍やビデオなどもカンタンに入手する感じのことができるのも大きな醍醐味となっている感じのことが、外国長期ステイにおいて評判のステイ地となっています。
[PR]
# by sumihiron | 2010-03-12 13:40

外国長期ステイとは

外国長期ステイとは何でしょう?
この外国長期ステイという言葉は、「長期ステイ財団」の造語です。

「ツアーでも永住でもない外国ステイ型余暇」のようなことです。

ずっと外国に住む「永住」でも、実際、ありません。

ですがホテルをかなり転々としてあちこち回る「ツアー」でもありません。

その二つの中間に、実際、位置するものなんです。

外国ツアーは楽しいもんですが、一週間や10日ではできる感じのことも限られています。

その箇所の水にちょうど少しなじみ始めたころ、我が国に戻らなければならなくなります。

ですが外国長期ステイなら、ただの通りすがりのツアー客ではなく、その箇所の住人になる感じのことができるんです。

ツアー客のままでいるのと、実際に住人になるのとでは、楽しさがまったく何倍も違います。

なじみのショップや顔見知りができると、その町に関しては「第2のふるさと」になるんです。

ツアーで観た名所旧跡でも、実際、いいですが、いつも通った小道や「ご近所さん」の笑顔、あるいは、お気に入りのカフェで飲んでいた感じの1杯のコーヒーといったまったく何気ない風景のほうが、きっとかなり思い出に残るでしょう。

そういう感じの意味ではずっと住み継続する「永住」という手もありますが、あまり万人向けではありません。

移住してしまえば、少し水が合わなかったり、あるいは、年をとったりして我が国が恋しくなっても、そうおいそれとは戻れません。

それに四季の移り変わりやあるいは、旬の味覚といった、我が国ならではの醍醐味もあります。

つまり我が国がいい時期に関しては我が国にいて、外国に行きたいときに関しては外国で暮らす。

そんなライフが外国長期ステイなんです。
[PR]
# by sumihiron | 2010-03-12 13:39
定年退職をして、退職後に外国長期ステイを考えているような人で、年金を費用のベースとして、年金以外に収入のあるケースに関しては、長期ステイにかかる費用的に関してはライフ的に関しては余裕がありますが、実際に収入が年金だけでは長期ステイにかかる費用をまかなおうとするケースに関しては、その状況によっては難しくなってくるような場合もあります。

その土地での食費や交通費、ホビーとして行うフィッシングやゴルフ等にかかる娯楽費は我が国よりも安くすみます。

目的の国への往復航空券に関しては、手配のやり方、航空券を買う時期によっては、実際、かなり安く購買できるような場合もあります。

しかしながら、実際住居関係性にかかるお金に関しては、その国々によって多少なりとも違いはありますが、節約を考える感じのために、価格の安い物件に住むというようなことに決めてしまうと、その価格に反して、実際、セキュリティー面、あるいは、安全性に大きな不安が残るというようなことになってしまいます。

目的の統制が世界の最高レベルにある我が国とは違い、一般的に外国では多少なりともお金を払ってでも、きちんと安全を買わなければ心おきなくライフできる保障が求められません。

その国でのセキュリティが一定水準を超える物件を確保することが必須です。

セキュリティガードが住居や敷地の中に24時間体制で常駐し、きちんとセキュリティー面で十二分納得できる状態が保たれている感じの物件をその安心基準として決める感じのことが大事です。

予算にもよりますが、住居環境が一定水準以下にならないように、節約できる感じの費用など他の支出とのバランスをきちんと考える感じのことが必須です。
[PR]
# by sumihiron | 2010-03-12 13:38